住まいの用語集

気になる用語を解説します!

  • 住宅メーカーのカタログや、モデルハウスでの営業マンの説明の中にワケの分からない用語が出てきて「チンプンカンプン!?」といった経験はありませんか。でも、この用語集さえあれば、もう大丈夫。
    モデルハウス見学も設計者との打ち合わせもコワクありません。
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
アール 曲線・局面の総称。輸入住宅の内観・外観デザインに用いられることが多いゆるやかな流線型のデザインのこと。
RC造 鉄筋コンクリート造のこと。引っ張る力に強い鉄筋で、圧縮する力に強いコンクリートを補強する強度の高い構造体。中高層建築物に多く用いられる。
アウトドアリビング 屋外での生活の場。テラス、ベランダ、ぬれ縁など、室内と庭を結び部屋の延長としての役割を果たすスペース。
青田売り 未完成の宅地あるいは建築工事が完了する前の建物の売買のことをいう。宅建業法により、開発許可や建築確認の許可を受けた後でないと広告や契約をしてはならないことになっている。
上がり框(あがりかまち) 玄関や勝手口などの上がり口の段差部分に取り付ける横木のこと。ケヤキなどの木目の美しい化粧材を使うことが多い。
アプローチ 敷地の入口から建物の玄関、または勝手口にいたる通路。
アメニティ 快適性、居住性のこと。住宅用語として使う場合は、間取り、設備、住環境等の、使い勝手の良さ、住み心地の良さのことをいう。
アルコーブ 各部屋や廊下など壁面の一部を少し後退させてつくる凹状の窪みや空間のこと。
アンカーボルト 基礎と土台を緊結して一体化させる接合金物のこと。基礎のコンクリートを流し込む時に埋め込まれる。
一般定期借地権 平成4年8月1日に施行された新借地借家法で導入された新しい土地の権利関係の一つ。借地期間を50年以上(通常は50年)としたもの。期間の満了に伴い、原則として借り主は建物を取り壊して土地を地主に返還する必要がある。
ウォークインクロゼット 文字通り、人が歩いて洋服を選べる、衣類や小物の収納スペース。人が入れない収納スペースは「クロゼット」と呼ぶ。
ウッドデッキ 庭に面したテラスの上に設ける木の甲板のこと。屋内の延長のような空間で、家族の団欒の場にもなる。
ALC版 軽量気泡コンクリート版のことで、軽いので施工しやすく、耐火性や断熱性に優れているので鉄骨造の外壁などに使われる。
エクステリア 住宅の外回りのこと。門、塀、物置、カーポートなどの総称。
エコウィル ガスエンジンで発電を行い、その時に出る排熱で給湯や暖房をつくる、家庭用コージェネレーションシステムのこと。
エコキュート 自然冷媒であるCO2を使ったヒートポンプシステムによって、大気中の熱を汲み上げ、お湯を沸かす給湯器のこと。
SRC造 鉄骨鉄筋コンクリート造のこと。柱・梁など骨組みを鉄骨で組み、その周囲に鉄筋コンクリートをかぶせた高層建築物に多く用いられる高強度の構造体。
エントランス 玄関、入り口のこと。
オーバーハング 1階より2階が張り出し、スペースが広くなるように設計された形式。張り出した部分をキャンティと呼び、居間やベランダとして使う。庭の広さを損なうことなく、建物内の広さを確保できる。
踊り場 階段の途中に設けられた広めの床のこと。万一転落した場合のケガ防止のスペースであり、小休止できるため高齢者や子どもにとっては安全なスペース。

ページの先頭へ

Copyright(c) 2012 (財)大阪住宅センター All Rights Reserved.