住まいの用語集

気になる用語を解説します!

  • 住宅メーカーのカタログや、モデルハウスでの営業マンの説明の中にワケの分からない用語が出てきて「チンプンカンプン!?」といった経験はありませんか。でも、この用語集さえあれば、もう大丈夫。
    モデルハウス見学も設計者との打ち合わせもコワクありません。
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
瑕疵(かし) 住宅や設備のキズや欠陥のこと。一見しただけでは分からないキズや欠陥を「隠れた瑕疵」という。
カーポート 柱と梁だけで作られた屋根付き駐車スペースのこと。屋根のない駐車スペースを含める場合がある。
開口部 住宅の壁や屋根など各部に開けられた窓や出入口のこと。採光・通風・通行などの役目を果たす。
可動間仕切り 部屋と部屋との境が壁で仕切られているのではなく、開放したりできる間仕切りのこと。
矩計図(かなばかりず) 設計内容を判断できるように天井高や床下地、軒高など建物の代表的な各部の寸法と使用材料などが記入されている図面。
鴨居(かもい) 和室の障子や襖など開口部の上部に取り付ける横木のこと。
加齢配慮
(かれいはいりょ)
居住者が高齢になり、体の動きが不自由になった時でも、暮らしやすいように考えられたバリアフリー設計の住宅など。
基礎 建物の荷重を支える土台のこと。主に木造住宅などで一般的に使われる逆T字型の「布基礎」と、床面全体に二重鉄筋入りのコンクリートを打つ「ベタ基礎」がある。
北側斜線規制 北側の隣家の日照を妨げないために定められた制限。
キッチンの種類 シンク・作業台・コンロを配置したシンプルなI型キッチンをはじめ、L型キッチン、ダイニングに向け配置した対面キッチン、島のようにキッチンを中央に配置したアイランドキッチンなどがある。
CAD(キャド) コンピューターを使って工業製品・建築物の設計をすること。高さ情報を持った3次元CADでは外観・内観のCG(コンピューターグラフィック)の作成が可能である。
管柱(くだばしら) 1階または2階だけに入っている柱のこと。
グラスウール ガラスの細かい繊維の集まりで出来た断熱材で吸音性も高い。
クラック ヒビ・亀裂のこと。表面上に自然に生じるものと、施工上の欠陥により、躯体内部から生じたものがあるので、専門家に判断してもらうことが大切である。
グルニエ フランス語で屋根裏部屋のこと。収納スペースだけでなく子供部屋・書斎などに利用されることが多い。
車寄せ 車を建物の近くまで寄せて、雨に濡れずに乗り降り出来る庇のついた場所。昔、貴族階級を乗せた馬車専用の出入り口をそう呼んだことからきている。最近はホテル、マンションに設置されることが多い。
珪藻土(けいそうど) 藻の一種である珪藻類の遺骸による堆積土で、高い吸放湿性、吸臭・吸音性、断熱性からシックハウス対策として注目され、住宅の内・外壁に使用されることが多い。
建ぺい率 敷地面積に対する建築面積(建坪)の割合。敷地面積が100㎡で建ぺい率が60%の場合、最大60㎡の建築面積の建物が建てられる。
公図 不動産登記法第17条では「地図に準ずる図面」として取り扱うこととされている。地番、土地の形状が記されており、登記所か市町村役場で閲覧できるが、必ずしも現地を正しく反映していないので、無条件に信じるのは危険である。
戸境壁(こざかいへき) マンションの各住戸間にある壁のこと。戸境壁が薄いと、騒音のトラブルが発生しやすい。
コートハウス 中庭(コート)を設けて、その周辺に部屋を配置する住居形式。都市型住宅に多い。
コーポラティブ住宅 住宅購入希望者が集まり、共同で土地を購入して各自の要望を取り入れた設計の集合住宅を建設し、各自が区分所有するもの。
コンバージョン 建物の用途変更のことを言う。例えば都心の事務所用に建てられたビルを居住用に変更するといったことが行われている。

ページの先頭へ

Copyright(c) 2012 (財)大阪住宅センター All Rights Reserved.