住まいの用語集

気になる用語を解説します!

  • 住宅メーカーのカタログや、モデルハウスでの営業マンの説明の中にワケの分からない用語が出てきて「チンプンカンプン!?」といった経験はありませんか。でも、この用語集さえあれば、もう大丈夫。
    モデルハウス見学も設計者との打ち合わせもコワクありません。
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
耐震構造 地震の揺れに耐え、建物の倒壊を防ぐ構造を耐震構造と言う。
耐力壁 柱や梁を使わず、壁に力を持たせた壁式構造の建物で、上部の重さや地震の力にも抵抗できるように設計した壁。間仕切り壁は耐力壁ではない。
高さ制限 建築基準法で、ある地区や地域の建物の高さの最高限度を定めること。
チムニー 洋風住宅の外観を飾るため、形だけ設置した煙突のこと。
長期優良住宅 日本の住宅の平均寿命は約30年。造っては壊すというフロー消費型社会から、「良質な住宅を建設し、大切に長く使っていく」というストック型社会への転換が急務であるというビジョンを打ち出し、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成21年6月4日に施行された。
つなぎ融資 買い替えで、所有する不動産の売却資金を残金決済に充てる場合に売却がスムーズに進まない時、また、住宅の登記完了後しか融資実行されない、公庫融資等を受ける場合に残金決済時に短期間だけ借り入れる融資のこと。残金決済前に覚書を交わして入居する「先行入居」や所有権の保存・移転、抵当権の設定、ローンの実行を同時にしてしまう「同時決済」が出来るならつなぎ融資は必要ない。
定期借地権付き住宅 定期借地権は、平成4年8月1日から施行された新借地借家法に盛り込まれた新しい土地の権利関係で、土地を地主から50年以上の契約(一般には50年)で借り、そこに建物を建てて分譲する。この方式は「土地の保有から利用へ」という土地基本法の理念にふさわしいといえる。
鉄筋のかぶり 鉄筋コンクリート中の鉄筋の外側の表面からコンクリートの表面までの寸法。火災やコンクリートの風化による影響が鉄筋に及ばないようにする。
テラス 室内から直接庭に出入りできるようにした広めのバルコニーのこと。ウッドデッキ(木の甲板)を張れば、食事やお茶を楽しむなど屋内の延長のような生活が送れる。
天袋 天井面に付いた形の吊り戸棚と、和室押入れ上部の収納スペースの2つの意味がある。
天窓(トップライト) 天井や屋根に設置する開口部で、採光のために設けられるもの。
ドーマー 小屋裏の採光のために、屋根の傾斜面から突き出た形で設けた三角屋根の窓のこと。採光の他外観のアクセントとして設けられることが多い。
動線 住まいの中で、人の動く流れを線で表現したもの。
通し柱 2階建以上の建物で、土台から軒まで通した1本の柱のこと。
ドライエリア 地下室の前面につくる空堀のこと。これにより地下室に直接外気と外光を採り入れることができる。

ページの先頭へ

Copyright(c) 2012 (財)大阪住宅センター All Rights Reserved.