住まいの評価・保険

住宅性能評価(設計・建設)

住宅性能評価関連業務

「住宅性能評価」とは・・・

それは安心をはかる「ものさし」です。
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(平成12年4月施行)に基づき、国に登録された住宅性能評価機関が共通のルールをもとに
住宅の性能を評価する制度です。当財団は登録住宅性能評価機関として、平成12年から新築住宅の性能評価業務を実施しています。
  • 業務区域

    大阪府・兵庫県・奈良県・京都府・滋賀県・和歌山県の各全域

手数料

設計住宅性能評価・建設住宅性能評価の料金については以下をご確認ください。
設計住宅評価手数料(消費税を除く)
床面積の合計 一般 基準に適合する
証明書等が
ある場合(※)
200㎡以内 42,500円 1,500円
200㎡を超え
500㎡以内
67,000円 2,500円
500㎡を超え
1,000㎡以内
95,000円 3,500円
1,000㎡を超え
2,000㎡以内
175,000円 6,000円
2,000㎡を超え
3,000㎡以内
317,000円 12,000円
3,000㎡を超え
4,000㎡以内
433,000円 15,000円
4,000㎡を超え
5,000㎡以内
575,000円 20,000円
5,000㎡を超え
10,000㎡以内
685,000円 25,000円
10,000㎡を
超える
771,000円 27,000円
※1
  • 必須4分野のみを評価する場合の料金で、共同住宅及び長屋住宅等については、基本料金に評価を行う戸数1戸当たり4,000円を加算する。
  • 温熱環境で「一次エネルギー消費量」を評価対象とする場合は、基本料金に評価を行う戸数1戸当たり1,000円を加算する。
※2
  • 選択分野(音環境を除く)を評価する場合の1分野当たりの料金で、評価を行う分野ごとに当該料金を基本料金に加算する。
  • 共同住宅及び長屋住宅等について、音環境を選択する場合は、基本料金に評価を行う戸数1戸当たり2,000円を加算する。
建設住宅評価手数料(消費税を除く)
種別 床面積の合計 基本料金 選択料金 追加検査
1回あたりの
評価料金の減額
追加検査
1回あたりの
評価料金
戸建
住宅
200㎡以内 85,000円+A 2,000円 3,000円 12,000円
200㎡を超え
500㎡以内
117,000円+A 2,500円 4,000円 16,000円
500㎡を
超える
191,000円+A 4,000円 4,000円 24,000円
共同
住宅
200㎡を超え
500㎡以内
N×27,000+M×α+M×A 500円 4,000円 16,000円
500㎡を超え
1,000㎡以内
N×45,000+M×α+M×A 1,000円 4,000円 24,000円
1,000㎡を超え
2,000㎡以内
N×67,000+M×α+M×A 1,500円 4,000円 32,000円
2,000㎡を超え
3,000㎡以内
N×91,000+M×α+M×A 2,000円 4,000円 40,000円
3,000㎡を超え
4,000㎡以内
N×124,000+M×α+M×A 3,000円 5,000円 59,000円
4,000㎡を超え
5,000㎡以内
N×153,000+M×α+M×A 3,500円 5,000円 70,000円
5,000㎡を超え
10,000㎡以内
N×180,000+M×α+M×A 4,000円 5,000円 79,000円
10,000㎡を
超える
N×261,000+M×α+M×A 6,000円 5,000円 119,000円
長屋
住宅
200㎡を超え
500㎡以内
N×39,000+M×α+M×A 1,000円 4,000円 16,000円
500㎡を超え
1,000㎡以内
N×66,000+M×α+M×A 1,500円 4,000円 24,000円
1,000㎡を
超える
N×97,000+M×α+M×A 2,000円 4,000円 32,000円
※1
  • 必須4分野のみを評価する場合の料金で、「N」は検査を行う回数、「M」は評価を行う戸数とする。
  • 「α」は、音環境を選択する場合は4,000円、音環境を選択しない場合は3,000円とする。
  • 「A」は、紛争処理負担金(建設住宅性能評価申請1戸につき4,000円)とする。
※2
  • 選択分野(音環境を除く)を評価する場合の1分野当たりの料金で、評価を行う分野ごとに、戸建住宅においては 1戸当たり、共同住宅及び長屋住宅においては検査1回当たり当該料金を加算する。

住宅性能表示制度フローチャート

申請や現場検査に関する流れを確認頂けます。
設計評価
設計段階で依頼主様の意向を確認し、手続きに入ってください
設計評価申請書提出→受付・設計審査→設計評価書交付
建設評価
設計段階で依頼主様の意向を確認し、手続きに入ってください
建設評価申請書提出→基礎工事着工→引渡し→建築評価書交付

評価協規約および倫理憲章に基づく
情報公開

評価協規約及び倫理憲章に基づく情報開示についてご確認頂けます。

評価実績 機関別業務実績はこちら
登録を行っている評価員の人数 17
評価の業務を行う部門の専任の管理者名 大川 和彦
登録を行った(指定を受けた)年月日 平成17年10月3日
規則第17条で定める
掲示の記載事項
登録区分 「住宅の品質確保の促進等に関する法律」第七条第二項
第一号から第三号に掲げる住宅の種別に係る施行規則
第九条第一号から第三号に定める区分
登録番号 近畿地方整備局長第4号
登録有効期限 平成27年10月3日から平成32年10月2日まで
機関名称 一般財団法人 大阪住宅センター
代表者氏名 横小路 敏弘
主たる事務所の
所在地・電話番号
大阪市中央区南船場四丁目4番3号
06-5253-0071
実施する
住宅性能評価の種類
  • 設計住宅性能評価(新築住宅)
  • 建設住宅性能評価(新築住宅)
  • 建設住宅性能評価(既存住宅)
住宅性能評価を行う
住宅の種類
戸建住宅及び共同住宅
業務区域 大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、兵庫県、和歌山県の各全域

住宅性能評価関連業務

お問合せ先
住宅評価保険部
TEL 06-6253-0238
FAX 06-6253-0145
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-4-3 心斎橋東急ビル4F
【営業時間】9:15~17:30(12:00~13:00はお昼休みです)
【定休日】土・日・祝および年末年始